--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005-11-30

性善説からの絶望

性善説を辞書で調べると【人間にはもともと善の端緒がそなわっており、それを発展させれば徳性にまで達することができるとする説。孟子が唱えた】とある。
今、日々を騒がせている耐震偽装の問題も、物件を買うときには「耐震構造に嘘をついている」なんて疑ってかかる人は今までいなかったからこそ、成り立ってしまった偽造。
一級建築士なんていう資格を持っている人が、殺人行為と言っても過言ではない(と私はおもう)ことをするなんて、誰もおもうはずがなかった。

今おもえば逆子の方が簡単だなんて何を根拠に言うのだと言えるけど、私は助産師Hが事実に反した説明をしていたなんて、まさかそんなことをするなんて思いも寄らなかった。
日本助産師会から優秀な助産師だと表彰されていたし、自信たっぷりだったし、具体的な説明をしてきたし、周囲の評判も良かったし、まさか本当なら逆子を扱ってはいけないなんてガイドラインの存在すら知らなかったし、とにかく最近の偽装問題を見ていると、私のことまでを含めて、悔しくてならない。

資格ってなんでしょう。
資格があるからってなんだっていうのでしょう。

姉歯建築士は免許取り消しとなる。
まだ現段階では人は幸いにも亡くなっていないのに、嘘をついたことで裁かれる。
でも助産師の場合(医師も含めて)、琴子が既に死んでしまっているのに、その後も平然と助産師で在りつづけたし、助産師会も見過ごしていた。
免許なんて誰にも剥奪する権利がないと言われた。
裁判の場にもいまだに平然と嘘の書面を提出してくる。
でも裁かれない。
だからいつまでも嘘をついてくるのだろう。

人を馬鹿にするのもいい加減にして欲しい。
助産師会の方達にももっとしっかりとして欲しい。
琴子の命をなんだとおもっているのだ。
もし同じテレビ・報道を見て考えていることがあるのなら、そこに琴子を当てはめて考えて欲しい。
資格を持つからこその責任をもって欲しい。

人より多くの幸せを望んでいるのではない、大層なことを言うつもりもない、ただ、人が人として正しくあるようにして欲しい。


スポンサーサイト
プロフィール

琴子の母

Author:琴子の母
助産院や自宅出産についての情報があまりにも偏っています。
助産師会の方から『産む側も勉強を』と言われました。
偏ったままの情報での勉強は、あらたな誤解を生み、悲しいお産を増やす可能性が高いとおもっています。
助産院や自宅出産が抱える問題、リスクを知って貰い、その上で分娩方法や場所の選択をしていくことを願っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。