--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005-10-27

自分がどこに所属しているのか

まいっちんぐさん、つかささん、ぽやさんのブログを読んで…
私が琴子を妊娠して、そして琴子が逆子になって、以来、妊娠中に手にした参考本の全ての『逆子』に関する頁には目を通したのだけど、悲しいかな、本当に目にするべき情報が扱われた本やサイトには出会えなかった。

当時、目にした情報の中に、臨月になって、実際に逆子のままでお産に至るのは2%程度とあった。
その数字は自分とは無縁だと語っているようだった。
そんなはずはないのに。
でも皆、多くの方々はどこかで「自分は大丈夫」っておもっていないかな。
どんな問題でも、大体がそうではないだろうか。
昔はやった「うちの子に限って」もあるくらいだから、それがことさら自分のことであれば、より強くおもえてしまうんじゃないだろうか。

いかに自分にはきちんとした説明をされていなかったのか、こんな貧弱な説明で、どの統計を身に置き換えるべきか、全く正しいことをされていなかったと強く感じる。

子供の死も母親(自分)の死も夫の死も、常に自分にはいつでも起こり得ることと切なくおもう。
そして、自分の死以外は有り得ないこととおもっていたい自分もいる。
琴子を出産して、そして死んでしまって、つくづく思う-『私は常に低い確率の中にも所属している』。



スポンサーサイト
プロフィール

琴子の母

Author:琴子の母
助産院や自宅出産についての情報があまりにも偏っています。
助産師会の方から『産む側も勉強を』と言われました。
偏ったままの情報での勉強は、あらたな誤解を生み、悲しいお産を増やす可能性が高いとおもっています。
助産院や自宅出産が抱える問題、リスクを知って貰い、その上で分娩方法や場所の選択をしていくことを願っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。