--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005-10-03

夫婦それぞれ

リンズは県下、一番大きくて設備の整ったS会病院で生まれました。
琴子のときの経験から、私達は最初から総合病院での分娩を決めていました。

リンズは吸引分娩です。
臍の緒が二重に絡まっていたそうです。
リンズは会陰切開です。
頭が大きかったとかで、5センチほど切りました。
このお産には何も不満がありません。
何故なら、リンズが無事に生まれてくれたからです。

先日、旦那に私のこの日記を読んでもらいました。
最近、パソコンで一生懸命に何かやっているから、何をしているのかと聞かれました。
何をしてるって、琴子の話をしているんだよと。

旦那は日記を一日分だけ読んだきり、それ以上読むことは出来なかったようです。
夫婦でも癒し方は別です。
私は今、こうやって気持ちを表側に出すことで、少しずつ痛いけど、少しずつ癒しています。
荒療治。
旦那は今、言葉には出さないけど、毎朝お線香をあげて、お水をかえて、心の中でメッセージをおくっているようです。

リンズを産むまでの妊娠期間中、旦那は私と一緒に辛い気持ちを味わっていました。
私の場合は『今度は上手に息めるか』(註:琴子が亡くなった時、H助産師に『息むのが下手だった』と言われた)に関したこと。
夫の場合はお腹の子の命と、私の命。
琴子のくれたご縁により、奥さんを亡くされた方にも数名、出会いました。
原因が様々な上、私の経験に重なる方はいませんでしたが、まさかとおもった結果を得た経験上、まさかと楽観視できることがなくなってしまいましたから。

旦那の中では琴子は別格だそうです。
私とリンズとは全く別の位置にいるそうです。
私も同じです。
でも何かが違うのです。
琴子のことを想う気持ちは同じなんだけど、違うんです。

琴子の2歳の誕生日に向けて、プレゼントを買おうと出掛けたときも、意見が別でした。
私は2歳なら外で遊ぶだろうから、砂場で使える子供用のシャベルのセットを選ぼうとしました。
旦那は「女の子!」というイメージの強いものが良いと言って、ぬいぐるみを探していました。
ぬいぐるみはたくさんあるからという説得で、旦那が折れてくれました。

夫婦それぞれなんだけど、琴子への想いは同じです。
琴子には生きて欲しかった。
でもそれが叶わない結果の日々を迎えている今は、せめて天国で笑顔の日々を送って欲しい。
琴子、そちらも秋になりましたか?


スポンサーサイト
プロフィール

琴子の母

Author:琴子の母
助産院や自宅出産についての情報があまりにも偏っています。
助産師会の方から『産む側も勉強を』と言われました。
偏ったままの情報での勉強は、あらたな誤解を生み、悲しいお産を増やす可能性が高いとおもっています。
助産院や自宅出産が抱える問題、リスクを知って貰い、その上で分娩方法や場所の選択をしていくことを願っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。