--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005-09-20

『助産院での出産による被害者の会』

『助産院での出産による被害者の会』…どうやって発足させたらいいのだろうか。
きっと大勢いるとおもうんだよね、被害者。
お子さんを亡くされたとか、奥さんを亡くされたとか、奥さんもお子さんも亡くされたとか、お子さんに障害が残ったとか、奥さんに…病院で起こっていることときっと変わりない。
自宅分娩ではどうなんだろうか。

私が琴子を亡くしてから今日まで、ずっとずっと不思議なのが、助産院で産むことを推奨している組織・団体・発行物…色々とあるけど、事故が起こったときの相談先はどこにも明示されていないこと。
日本助産師会の中でも安全対策室が出来たのは、琴子が生まれた直後、丁度。
てことは、その前はそこですら、そういう話を聞く体勢がなかったということになる。
第一、助産師会の安全対策室って、『自宅分娩したいけど、料金がわからない』とか、そういう相談を受け付けますという感じだったから、自分で電話するときも場違いかもと躊躇したくらいだ。

助産院もしくは自宅分娩の末で辛い経験をされた方が、もしこのサイトに辿り着けたら是非、連絡をください。
もしお友達や知り合いの方で、私のような経験をされた方がいるという方は是非、私のことを伝えてください、連絡を待っているって伝えてください。


スポンサーサイト
プロフィール

琴子の母

Author:琴子の母
助産院や自宅出産についての情報があまりにも偏っています。
助産師会の方から『産む側も勉強を』と言われました。
偏ったままの情報での勉強は、あらたな誤解を生み、悲しいお産を増やす可能性が高いとおもっています。
助産院や自宅出産が抱える問題、リスクを知って貰い、その上で分娩方法や場所の選択をしていくことを願っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。