--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005-09-06

これも大事な一歩。

2年前に娘を亡くしてから、ずっと気になっていること…それは、今日もどこかで悲惨なお産が行われているんじゃないだろうか…。
私の場合は助産院での分娩の末のこと。
それも当時は産婆に騙されていたから、逆子でましてや足から出てきたお産…これを産婆は
「逆子の方が簡単だ」
「足からだったらこうやってやれば良い」
と、手で仕種をして見せて、当時“自然なお産”へ憧れていた私はすっかり騙され、信じきってしまった。
後から考えればどうしてだろうとおもうくらいに、当時の私はあっさりと騙されて、一番大事な娘の命を亡くしてしまった。

“自然な”って何?
病院で産んでいたら帝王切開で、多分無事に生まれていて、今頃2歳になっていたはずの娘。
“自然なお産”に執着してしまった結果、娘は心拍があったのに、呼吸をすることが出来なかった。
出産前にどんなにネットで調べても、誰に尋ねても、助産院での逆子の出産がどれほど危険なことなのか、全く入ってこなかった。
むしろ、『助産院でも無事に産めたって』なんて、今考えるととても無責任な情報
の方は入ってきていた。

助産院で産むこと全てが危険だなんておもわない。
病院でだって、事故や悲しいお産はある。
ただ、助産院での事故の報告や報道は殆どない。
これって、私が娘を助産院で出産したけど亡くしたって報告すると、多くの人が
「自分で選んだんだから仕方が無いね」
って言っていた言葉による力が大きいとつくづく感じる。
事実、私もこの言葉に苦しめられて、前を向くことも上を見ることもできなくなっていた。
私の実父だけが唯一といってもいいくらい、すぐに
「お前達は騙されたんだ、訴えよう!」
って言ってくれていた。
それでも周囲からの“自己責任”という目が怖くって、訴えるまでに2年もかかってしまった。

今、助産院で産もうとしている人にも一緒に考えて欲しい。
「子供の命以上に大切な“自然”なんてない!」


スポンサーサイト
プロフィール

琴子の母

Author:琴子の母
助産院や自宅出産についての情報があまりにも偏っています。
助産師会の方から『産む側も勉強を』と言われました。
偏ったままの情報での勉強は、あらたな誤解を生み、悲しいお産を増やす可能性が高いとおもっています。
助産院や自宅出産が抱える問題、リスクを知って貰い、その上で分娩方法や場所の選択をしていくことを願っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。